格安SIMではなくてWiFiで通信量を4000円に節約する方法もあるよ

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

これはぼくが実際に今もやっている方法で、要はWiFiのみでスマホとPC両方の通信をまかなっています。

このスタイルで約3年ほど生活していますが、不便なことはそこまで多くはありません。格安SIMについてはかなり情報が増えてきましたが、WiFiのみで生活している人からの情報はあまりないので記事にしてみました。

まずメリット、デメリットについて。

メリット

通信費を安く抑えることができる

キャリアから格安SIMに変更する人のほとんどはコスト面を考慮した結果のことでしょう。それだけ現状の通信費が高いと感じている人が多い。

ぼくは現在GMOとくとくBBのWiMAXを利用していますが、キャッシュバックキャンペーンがあるので1ヶ月4,000円いかないくらいの費用になっています。

これでスマホ、PCの通信費をカバーしています。

容量が無制限

これは契約するWiFiの種類にもよりますが、容量が無制限のプランにした場合、スマホとPCどちらも使い放題。いくらYouTubeで動画を見ても問題ありません。

格安SIMの場合、3Gや5Gなど容量制限のあるものが一般的なので、容量の観点でいえばWiMAXはとても満足度の高いものになっています。

スポンサーリンク

デメリット

通信が多少遅い時がある

夜間は回線の利用者が多いためか多少通信速度が遅くなる時があります。これは格安SIMの場合も起こりうることなのでそこまでのデメリットではないかもしれませんが、確認が必要ではある点。

毎回持ち運ばなければならない

これは使い始めの時はちょっと面倒臭く感じてしまうかもしれません。荷物が増えるという点でも、特に持ち物の少ない男性諸君たちにとっては大きなマイナス点かもしれません。

注意すべきはWiFiを忘れた場合にフリーで飛んでるWiFiがないと連絡手段を完全に失うことになるので、自宅にWiFiを忘れてしまった日にはテンションガタ落ち。

電話番号がない

格安SIMのデータのみの場合も電話番号を持つことはできませんので、それと同じですね。なので、電話するにはIP電話アプリに登録するなど個人で行う必要があります。

IP電話はフリーダイヤルに電話ができないなど不都合があるので、よく電話する人はちょっと困ってしまうことが多いかもしれません。

海外旅行をよくする人にはオススメできない

メリット、デメリットどちらもありますが、海外によく旅行で行く人には正直オススメできません。

海外ではWiFiルーターはほとんどないので基本的にSIMカードを購入して通信手段を確保することが一般的。必然的にSIMフリーのスマホが必要となる。

もしSIMフリーのスマホを持っていない場合はカフェやホテルで飛んでいるフリーWiFiを利用するしか方法がありません。

海外で暮らす人にはもっとオススメできない

これ、ズバリぼく自身なんですけどね。

今のところSIMフリーのスマホを持っていないので、このまま海外で暮らし始めるとフリーWiFiを頼りに生活をすることになります。

そこまでスマホでデータ通信しないのでいいと言えばいいんですけど、おそらく電話番号を必要とする場面が出てくるのでその場合にキビシイなと。

なので、海外生活を始めるならばSIMフリーのスマホを持参して現地のSIMカードを購入というのが一番間違いのない方法であると考えています。いまSIMフリースマホを持っていないぼくもこれから購入いたします。

 

いずれにせよ日本国内でずっと生活をすることが決まっている人には、WiMAX1台でスマホとPCの通信をカバーするという方法も今のところはありかなと考えています。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です