セビチェロブログ/ 海外旅行術/ 海外では両替ではなくエポスのクレジットカードでキャッシングが絶対的に正しい

海外では両替ではなくエポスのクレジットカードでキャッシングが絶対的に正しい


キャッシュレス全盛の世界になりつつあるとはいえ、海外旅行をしていると否が応でも現金が必要になる時がある。これは国によって様々なので一概には言えないけど、小さなレストランやショップだとクレジットが使えないケースが往々にしてある。日本にいればATMで銀行のキャッシュカードで現金を下ろせば良いだけのことなので何ら心配することもない。気にすることといえばATM手数料くらいだろう。

ただ、海外で現金が必要になった場合、日本の銀行のキャッシュカードは基本的には利用できないことが多いので、その他の方法を使って現地通貨を手に入れる必要がある。

現金を現地通貨に両替するのはリスクしかない

おそらくほとんどの人(特に海外旅行にほとんど行かないような人)は、旅行の際に日本円を携えて、それを日本の空港もしくは現地の空港や現地の街の両替所で両替するというのがド定番なのだろう。

ぼくはこの方法は全くおすすめしない。

というのも、ぼくの旅の信条としてまず第一にリスク回避というのを大切にしている。これは安全面においてということで。例えばレートが多少良い両替所があったとして、数十万円の現金を持ち歩くということがあまりにもリスキーすぎる。しかも、現金というのはなくなった時に誰も保証してくれない。これはぼくが現金を毛嫌いする理由でもある。

空港のATMで現金数十万円を下ろしてそのまま機内に乗り込み、現地に到着したらすぐに両替すれば大丈夫と思う人もいるかもしれないけど、持ち物検査の際に現金をカゴの中に忘れてしまったとか、機内に現金が入ったカバンを忘れてしまったとか、そもそも現金を間違えて預入荷物に入れてしまったとか、リスクは全くもってゼロではない。ぼくは持ち物検査で荷物をカゴの中に忘れてしまったことがあったけど、マジでびっくりした。普段そういう忘れ物はしないタイプのぼくですら何度も飛行機に乗っていたらそういうこともあるので、リスクはある。

エポスカードで海外キャッシング→繰上げ返済が最強

そこで、ぼくが今のところ最強だと思うのがクレジットカードのキャッシングである。旅慣れた人や節約大好きな人はもう知ってるかもしれないが、ぼくは海外で現金が必要になった場合エポスカードでキャッシングをしている。これはかなり最強である。

クレジットカードのキャッシングというと、利息が高いとか借金になるとかネガティブなイメージを持つ人がいるが、キャッシングの原理が分かっていれば全くもって心配することはないし、利点を最大限に使うべきである。

なんと言ってもエポスカードが最強な点は、海外にいながらにして繰り上げ返済が可能なところ。他のクレジットカードでキャッシングした場合はほとんどの場合、クレジットカード会社に電話したり、日本側で指定の口座に振り込む必要があったり、色々と面倒である。その点、エポスカードの場合、Pay-easy(ペイジー)で次の日には繰り上げ返済ができるので、利息は0円とか5円とかないも同然である。最強すぎる。

必要なのはATM利用手数料のみ。

  • ご利用金額1万円以下:100円(税別)/件
  • ご利用金額1万円超 :200円(税別)/件

エポスカードのキャッシング、繰り上げ返済の方法

繰上げ返済は初めての人にはよく分からないかもしれないので、順番にやるべきこととしてはこんな感じ。

  1. エポスネットのマイページにログインする
  2. お支払い予定額照会の『次回お支払い分』→『リボ払いに変更』を選択する
  3. 『キャッシング』を選択する(ここで間違えてショッピングをリボ払いにしないこと)
  4. メニューの『キャッシングを利用する』→『Netバンキングからご返済)ペイジー)』を選択する
  5. 『インターネットバンキングで支払う』→『リボ増額払い』を選択する
  6. 全額分返済する

この通りに進めれば問題なく海外キャッシングした分を返済することができる。もし分からなければ「エポスカード キャッシング 繰り上げ返済」とググればたくさんの情報があるので、1ページ目に表示された情報見ればどんなにネットに疎い人でも必ずや返済できることでしょう。

リボ払いというワードが怖すぎるという人もいるかもしれないが、キャッシング利用した分を繰り上げで支払うにはリボ増額払いを行う必要があるだけの話で、ショッピング枠をリボ払いにしなければぼくらがリボ払いというワードから連想するような、返済分が増えるというような悪夢は起きないので心配しないで大丈夫。

うん、全くもって怖くも何ともない。

どう考えても両替よりクレジットカードの海外キャッシングの方が素晴らしい

もうどこからどう見ても両替よりもクレジットカードのキャッシングで現金を手に入れる方が素晴らしいのに、いまだに大多数の人は現金を手に両替所へ向かう。あの両替所のレートはいいらしいとか、両替所自体が手数料上乗せしてる時点でキャッシングよりも高いはずだし、そもそも現金を持ち運ぶというリスクもあるし、両替のメリットは全くないので、今後はみんなクレジットカードのキャッシングをすべきと強く思う。

ぼくならばもし海外キャッシング分をエポスカードのように繰上げ返済できないで利息が多少かかるとしても両替ではなくクレジットカードのキャッシングを選択する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください