マルチリンガルのぼくのオススメ!外国語を学びたい人が絶対見るべきYouTubeチャンネル

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ぼくは21歳まで日本から離れたことのない(=パスポートすら持っていなかった)生粋のジャパニーズでした。しかし、就活というよく分からないことから一旦脱出するという邪な理由でカナダへと渡ったその時から、完全に海外大好き人間になってしまいました。

学生時代は英語の授業なんてどちらかと言うと嫌いなほうでしたし、英語を勉強する意味なんてないでしょといったタイプのでした。そんな人がよくここまで変わるものです。

英語、スペイン語をマスターし、現在はフランス語を習得するために日々自主的に勉強しています。ただ、外国語の魅力に完全にハマったぼくにとっては、勉強というよりはもはや趣味の一環といった感覚すら芽生えています。

とにかく世界中の人々と語り合いたい、そのためにはできるだけ話者数の多い言語を学んでいこうという考えを持っていて、目標としては国連公用語の6ヶ国語をすべて話せるようになることとしています。

憲章が規定する国連の公用語は中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の5カ国語である。1973年、アラビア語が公用語に追加された。

参照:加盟国と公用語 | 国連広報センター

ちなみにこの6ヶ国語って世界での総話者数で言っても確か1位〜6位の言語なんですよね。第二次世界大戦の戦勝国+アラビア語って感じだけど、現在も世界の力関係は変わってない何よりの証拠かもしれないですね。

この方の記事がとても分かりやすかったのでご参考に。

日本語は何位?世界で最も影響力のある25の言語ランキング

「国連公用語をすべて話せるようになりたい!」なんていうよく分からないことを言う人はたぶんあんまりいないと思いますが、ぼくはそれだけ言語の持つ魅力にハマってしまっているので言語オタク、言語フェチと自称しております。

外国語を学ぶことが好き、特定の外国語のあの響きが好きとかいうマニアックな会話が好きな人は間違いなくすぐに仲良くなれるはず。

 

そんなぼくが外国語を勉強するすべての人々へオススメするYouTubeチャンネルが「Easy Languages」です。ぼくはかれこれ3年ほど前からお世話になっています。

Easy Languagesとは?

Easy English、Easy French、Easy Spanish、Easy Arabicなどあらゆる外国語を扱っており、各言語での街頭インタビューの動画がアップされています。例えば、Easy Frenchの動画を視聴した場合、街頭インタビューが行われて、フランス語と英語の2段の字幕が表示されます。なので、耳でも目でもフランス語で理解することに集中することができ、内容が分からない場合は英語にて確認することも可能となります。

どちらかと言うと英語の勉強というよりは、英語は既に習得済みで3ヶ国語(日本語を含めて)以上の言語を学ぶ人向けになるかもしれませんが、とにかくオススメ度は高いです。

スポンサーリンク

言語は耳で覚えるのが最も効率的だと思う

単語、文法、リスニング、リーディング等、言語を学ぶ上での重要ポイントはいろいろとありますが、個人的な意見としてはやはり言語は耳で覚えるのが最も効率的かつ実践的な勉強法だと考えています。

耳で聞いて理解できないことを、自分が話すことはできない。まずはネイティブ・スピーカーがどのように会話をするのか常に聞いて耳に慣れさせることが絶対的に必要なこと。

ぼくのスペイン語の学び方は耳で覚えるスタイルで行ったので上達が早かったのだと実感しています。キューバのハバナ大学で2ヶ月ほど学びましたが、それ以前に数ヶ月中南米に滞在しており、その際にネイティブの会話をこれでもかと聞いて真似して生活していたので、キューバに行く前にすでにある程度のスペイン語の能力が自然と身についていました。

そして、耳からしっかりと言語を理解するという観点で考えたところ、やはりEasy Languagesで言語を学ぶことははとても良いと感じました。

インタビューの内容が面白いので飽きない

ぼくは現在Easy Frenchでフランス語を勉強していますが、結構頻繁に動画もアップロードされているので、ある程度繰り返し同じ動画を見て飽きてきたところで新たな動画を見ることができます。

インタビューの内容は様々で、例えば下記の動画では「どのようにすれば世界をより良くできると思いますか?」というテーマでフランス人へのインタビューが行われます。ある人は「ストリートアートを街中に増やしていけば良い」と言い、またある人は「街や海を美しく保てば良い」と言います。

いろいろなテーマでのインタビューを聞いていると、フランス人の話し方の癖や価値観が何となくイメージできるようになってきます。フランスだけでなく、同じくフランス語が話されているスイスやベルギー、カナダで撮影された動画もあり、とても気合いの入ったチャンネルだといつも感心します。

リスニング力、文法力がどちらも身につく

このEasy Langueagesは分かりやすいテーマについて話しているだけという単純なものですが、この単純さこそがスペイン語を学習していた時からこの動画チャンネルに絶大な信頼を寄せている理由のひとつなんですね。

言語学習の動画はいくらでも世の中に出回っていますが、大体が会話よりも単語や文法に着目したもので、このEasy Languagesのようにカジュアルな会話にて言語を学ぼうとする趣旨のものは意外にも見当たりません。

会話を耳で理解し、字幕を見ながらも文法的にも理解できる。それでいてハードルの高くないテーマ、明るい雰囲気。端的に言えば、取っ付きやすく学びやすいということが言えます。

繰り返し聞くことでネイティブの言い回しが自然と身につく

ぼくは移動時間などにEasy Frenchの動画を見たり(聞くだけだったり)するのですが、繰り返し聞くほうが効果が大きいと思います。というのも、繰り返し同じ内容を耳にインプットすることで嫌でも脳がフレーズを覚えていくんですよね。

効率的にと先ほど言いましたが、言語の習得は実際のところ効率的に行えるものではなく小さな努力の積み重ねなので、1日30分でも耳に勉強中の言語を聞かせてあげるというのが必要になってくるのかなと。

*ちなみにEasy Japaneseもあります

Easy Japaneseもあった!!

ぼくら日本人からしたらただ日本人が日本語で街頭インタビューしてるだけの動画だけど、日本語を勉強している外国人からしたら良い勉強になる。ぜひ周りにそんな人がいたらEasy Japaneseを紹介してあげても良いかもしれないですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です