カナダで通信費0円で生活する方法

LINEで送る
Pocket

カナダのバンクーバーに2年ほど暮らしているが、通信費として支払った金額は合計で20ドルほどだと思う。そこで「え、カナダって通信費安いの?」と思うかもしれないが、全然安くない。むしろ日本の格安SIMの方がデータ量も断然多いし安い。

通信費にお金がかかっていない理由はすごく単純で、そもそも通信会社と月々の契約をしていないからである。その代わりにプリペイドで電話やメッセージができるSpeakOutのSIMを購入して利用している。

参考:https://www.speakout7eleven.ca/

詳細はいろんなブログで説明されてるので、「SpeakOut カナダ」とでもググってみよう。いくつも同じような記事が出てくるので読んでみて欲しい。

SpeakOutはセブンイレブンで10ドルほどで購入できる。セブンイレブンはバンクーバーの場合は街の至る所にあるので、簡単に見つけることができるだろう。

ちなみに日本のセブンイレブンと比べると品揃えがショボすぎて2年住んでいるのに数えるくらいしか店内に入ってことがない。そして、セブンイレブンの店の外でホームレスが暮らしているのは結構バンクーバーあるあるだと思われる。

SpeakOutについて簡単に説明すると、プリペイドなので自分でいくらかチャージしておいてその分で電話やメッセージができる感じだ。

なぜ通信会社と月々の契約をしないの?

単純に金の無駄だから契約をしていない。そもそもバンクーバーのダウンタウンは到るところにWifiが飛んでいるので、あえて自分で通信会社と契約をする意味があまりない。

僕はダウンタウンで働いているので日中は会社でネットを利用できるし、その後もダウンタウンでネットを使う必要があれば、どこでもWifiに繋げることができる。職場がダウンタウンから遠い場所だったら必要性を感じるかもしれないが、2年間この生活をしているが全く不便は感じていない。

加えて、僕の場合はプログラミングを生業にしているので、9時から5時まで常にネットに繋がった状態で、あれやこれやプログラミングの疑問点をググっている。なので、仕事の後は少しネットから離れる時間も必要だと考えていて、その点で通信会社と契約をしていないのはむしろプラスになっているはずだ。

番号だけ持ってるのは便利

SpeakOutの場合は、カナダの電話番号を持つことができるので家探しやその他もろもろカナダの電話番号が必要な時にとても便利だ。

正直そこまで電話のやりとりが必要な場面はほとんどないが、はじめに生活基盤を作るまでは何かと必要になることもあるので、SpeakOutをセブンイレブンで購入してカナダの電話番号を手に入れておくことをおすすめする。

家賃を削るなら通信費も削ればいいと思う

バンクーバーで暮らす移民の人たちは、家賃を安くするためにめちゃくちゃ狭い部屋に複数人で暮らしていることも多い。ただ、そういう人に限って結構高い通信費を毎月支払っていたりする。

人それぞれ価値観は違うわけだが、これを読んでる人が節約大好き人間の場合には通信費を極限まで削るためにSpeakOutを利用してみるのもいいのかもしれない。

ちなみに参考までに言っておくと、僕は仕事中の時間を含めれば相当な時間をネットに費やしている。ほとんどの場合はプログラミングの勉強だったり、Kindleで読書だったり、自己投資のための時間だけど、Netflixもかなり見てると思う。それくらいネットは生活の一部である。

そんな僕でも通信会社の契約をせずに無理せず快適に2年間も生活をしているので、ほとんどの人にとってはバンクーバーで暮らすなら通信会社との月々の契約は必要ないのではと思われる。

まとめ

バンクーバーを訪れるまで通信費が毎月0円になるなんて考えてもいなかったので、これからバンクーバーに留学や仕事で来る人には少しは参考になるのではと思い、メモ程度に記事を書いてみた。

無駄なお金は使わないというのをライフスタイルの基盤としていつも生活しているので、最近流行のミニマリスト的な生活を実は物心ついた頃から実践していたりする。特に海外暮らしをしていると、よりミニマルな生活に意識せずとも近づいていくので、そういった記事も今後は書いていこうかなと思っている。

参考:https://www.speakout7eleven.ca/

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください