ジムに行けないので自宅でできる自重トレの動画をまとめてみた

LINEで送る
Pocket

今をときめきすぎるコロナウィルスの影響で僕が暮らすカナダのバンクーバーも先週からほぼ全てのお店が営業停止になっている。日本で暮らす人からすると想像できないレベルで場所によってはゴーストタウン化している。

あのマクドナルドも、あのスターバックスもカナダ全土に渡ってドライブスルーもしくはデリバリー以外のサービスを停止している。

スターバックス営業停止の記事→https://dailyhive.com/vancouver/starbucks-canada-cafes-closed-coronavirus

マクドナルド営業停止の記事→https://ottawa.ctvnews.ca/mcdonald-s-canada-closes-restaurants-for-walk-in-takeout-service-1.4863567

そういうわけで、当たり前のことだがジムも閉まっている。筋トレオタクというほどではないものの、週3日のペースでジムで筋トレをしている僕にとってはジムに行けないことがこのコロナ期間においての大きなストレスになっている。

「自重トレは無駄。筋トレならジム行くでしょ」と事あるごとに豪語し続けてきた僕が、こうして自重トレをやらざるを得ないことになるとは。全く想像もしていなかった、数週間前までは。

メトロンブログの自重トレ動画のクオリティが高すぎる

「筋トレ 二頭筋 自重」「筋トレ 脚 自重」みたいな感じでYouTube検索をしてみたところいい感じの動画がたくさんあった。そのほとんどがメトロンブログなんだけどね。

筋トレ好きの人ならば何度もメトロンブログの動画にはお世話になっているとは思うが、元々プロのダンサーでしかも動画編集スキルが高いので他の筋トレYouTuberとは一線を画す動画がたくさんある。

もはや彼の動画をただ貼り付けているだけのような記事になってしまっているが、今回のように自重トレしか道がないといった場合には動画を見ながらトレーニングに励むのもおすすめである。

胸は腕立て伏せだけでもいい感じにパンプアップするので自重トレの中でも満足度が高い部位になる。メトロンブログの動画を3つ貼ってみたが、いろんなバリエーションの腕立て伏せがあるので彼の言った通りにやっておけばとりあえず問題ないかなと。

上腕二頭筋

器具なしの自重トレでは負荷が弱すぎるのでやはり十分なパンプアップは望めないが、やらないよりはやった方がマシなので。

上腕三頭筋

みんな大好き三頭筋!

筋トレに全く興味のない人からすれば、「え、上腕二頭筋じゃなくて三頭筋なの?」と思うかもしれないが、三頭筋の方が筋肉量が大きいので腕を太くするためには実際二頭筋よりも三頭筋を鍛えた方が効果的なのだ。

僕は一番弱いのが腕まわりなので三頭筋に関しては今後集中的に鍛えていきたい部位である。

こちらの動画では興味深いメニューが取り上げられていたので貼っておく。同じメニューばかりだと筋肉が慣れてしまうので色んなメニューを組み合わせて筋トレしていくのがベスト。

自重トレで肩を鍛える方法なんて動画を見るまで全く想像すらできなかった。やってみたところこれが体勢的に結構きつい。確かに腕というよりは肩に負荷をかけることはできていたのでいい感じではあった。

こちらはかなりシンプルな方法で肩を鍛える感じだ。このJJ FITNESSという人がなんか面白いこともあり動画を最後まで見てしまったので貼っておく。

背中

CALISLIFE自重トレというチャンネル名の通り自重トレをわかりやすく紹介している。トークも特に聞く必要がない人にとっては彼のチャンネルはかなりおすすめ。

「脚を鍛えずして筋トレは語れず」

上半身だけ鍛えて足がめちゃくちゃ細いとバランスの悪い身体になってしまうので、僕は最近になって焦り出して足を鍛え始めた。脚を全く鍛えていない人は絶対に後々後悔するので今から脚をガンガン鍛えた方がいいマジで。

腹筋

最後は腹筋。腹筋はあえて動画を見る必要もなくひたすら腹筋するだけのことだとは思ったが、動画を見てみると色々とバリエーション豊富なのでどんどん試して腹筋の細かな部位を鍛えていきたい。

みんな筋トレしよーぜ!自重トレしよーぜ!

アンチ自重トレだった僕なのに、『自重トレ親善大使』かのごとく自重トレをみんなにおすすめすることになった。限られた条件で頑張るということはいつだって何事にも大切なので、筋トレ好きな人もそうでない人も自重トレして自宅待機期間を乗り切ろーぜ!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください