セビチェロブログ/ 海外旅行術/ タイのバンコクならカオサンの安宿より4つ星ホテルの方がコスパが断然良い

タイのバンコクならカオサンの安宿より4つ星ホテルの方がコスパが断然良い


現在タイのバンコクに滞在しているので、学生時代に貧乏旅行をしていた時の自分とはまた違う感じでこの街に滞在しているので、ちょっと感じたことを書いてみようと思う。

タイのバンコクを初めて訪れたのは約10年前。ぼくが学生だった頃。あの時は旅慣れていなかったし、旅ブログなども今ほど情報満載という感じではなかったので、とりあえずバックパッカーの聖地カオサンロードの安宿に宿泊したのを覚えている。

確か300バーツくらいの宿だった。現在で言えば日本円で約1,000円/泊くらい。現在の相場がよく分からないが安くても日本円で1,000円/泊くらいのものだろう。多分世界には500円/泊で宿泊できるような安宿もあることを考えればタイはそこまで宿泊費が安いわけではないということは、すでに10年前に感じていた。

初めてバンコクを訪れてから10年。5年前にも一度訪れているのでバンコクに来るのはこれで3回目である。今回は年越し前からバンコクに滞在している。そして、カオサンロードの安宿には宿泊していない。バンコクの中心地アソーク、プロンポンエリアのホテルを宿としている。

そこで、今回すごいことを発見した。

それはバンコクなら4つ星ホテルに3,000円/泊以下で宿泊できるという裏技である。そんなこと可能なの?と思う人が大半だと思うけど、ぼくは今回滞在している3つのホテル全てで今のところ3,000円/泊以下で宿泊している。

バンコクの高級ホテルに格安で泊まる方法

方法は至ってシンプル。知っているか知らないかだけである。

まず、利用したホテル宿泊サイトはアゴダ(Agoda)。東南アジアだとアゴダ一択で間違いない。最低価格保証もあって、他のサイトにてアゴダより安い価格で同じホテルに泊まれることを発見した場合、その価格に下げてくれる。

そして、一番重要なのが直前割引でホテルを予約すること。

さすがに1日前だと不安なので宿泊予定の2、3日前に予約するのがベストなのではと個人的には考えている。ぼくは年末年始のバンコクでこの作戦を使っているけど、ホテルが満室で予約できないなんてことは全くないので、2、3日前の予約でもいい感じのホテルをいくらでも見つけることができる。

割引70%以上なんて当たり前。たまに80%以上も見かける。

あとは海外のホテルだと結構当たり前だったりするわけだけど、部屋料金なので1名で宿泊でも2名で宿泊でも料金が変わらない場合がスタンダード。もちろん部屋の定員があるのでその人数までは追加料金は一切かからないということ。

アゴダで直前割引でまあまあいい感じの4つ星ホテルに格安で泊まるのはどう考えてもバックパッカー御用達のたまにベッドバグに遭遇するような衛生面がクソな部屋に泊まるよりも、まあどう考えてもコスパは断然良い。

一人旅のぼくですらそちらも選択するので、もしグループでの旅行の場合はもう即決で直前割引のホテルに軍配が上がる。というか、直前割引80%というもはや原価無視の価格を提示されてしまっては、カオサンロードの安宿は全くもって魅力がないというかただただしょぼいだけの寝場所である。ジムもないし、プールもないところがほとんどなわけだし。

ホテルを選ぶ際は価格以上に中心地へのアクセスが大事

あと、今回バンコクという街に滞在していて感じるけど、中心地に泊まった方がどう考えても良いよねって話。

1,000円、2,000円をケチって中心地から外れのホテルを宿泊するのは時間的に全く魅力がない。特に何のアクティビティもないようなよくわからんエリアに宿を取ってしまった際は、タクシーもしくは電車を利用して毎回中心地へ出動しなければいけないわけで、まあ無駄な時間だなあと。

海外旅行の宿決めは単純な価格面も重要ではあるわけだけど、それと同じくらいかそれ以上にアクセス面が重要になってくる。これは旅慣れてきてからかなり重要視するようになってきた。ぼくの場合、中心地から電車で30分以上かかるホテルが中心地のホテルよりも2,000円/泊安かったとしても、2,000円多く払って中心地に泊まることを選ぶ。

言ってしまえば1時間という時間を2,000円で購入するといった感じだ。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれだと思うけど、ぼくの場合はこれ以上払っても良いという考えである。実際の2,000円の出費以上に行き帰りで1時間のロスはかなりもったいない。

バックパッカーだからといって安宿に泊まるは間違い

結局のところ、「俺はバックパッカーだからカオサンロードに行って安宿に泊まってバックパッカースタイルを極めるんだ!」という考えは結構時代遅れなのかなと。

アゴダで直前割引で予約した清潔感のあるホテルも、価格だけ見ればかなりの安宿なわけだけど、快適だし清潔だし立地も素晴らしいしプールで泳げるし、ホテルによってはジムも併設されている。

当時バックパッカーに憧れてスタイルを追求した、しようとしたぼくも今やアラサーなわけで、そんなアラサーの旅のスタイルとしては、こういうコスパの良い旅の方法の方が需要もあるし、満足感もあるんだろうなと思い、今回こんな感じで紹介してみた。

旅慣れた人はもうすでに直前割引なんて当たり前だけど、知らない人にとって見れば眼から鱗の情報だと思うので、ぜひバンコクだけでなく東南アジア諸国を旅する場合は直前割引を有効活用してコスパの良い旅をしてもらえればと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください